ねずみ駆除は環境の改善も大切

ねずみは暖かく雨や風がしのげる場所を好んで住みつくので、住宅の屋根裏などに住みつく事は珍しくありません。



ねずみが建物に住みついてしまうと糞や尿などによって建物が傷んでしまって劣化の原因になってしまいます。
ねずみが住みつく事によって衛生環境が悪化するだけでなく、感染症をねずみに持ち込まれてしまう可能性があります。



建物に感染症を持ち込まれると建物に住んでいる人や建物を使用する人に健康被害が出るリスクがあるので、少しでも早い段階で駆除をするべきです。

ねずみは建物内で人が活動している時はほとんど姿をあらわさないので、駆除をするのは難しいです。

それでも薬品や罠を使って的確に対処していけば駆除する事が可能です。

自力で対処できない場合は無理に自分で対処しようとせずに業者に依頼して駆除すると良いです。

業者に依頼する時は複数の業者に相談して業者を比較して選ぶと良いです。

住みつかれた時は駆除をするだけでなく、その後また同じように住みつかれないように対策しなくてはなりません。

具体的な対策としては屋根裏への侵入口となった場所を特定してその侵入口を塞いでしまう事です。



住みつきやすい環境として挙げられるのは食糧を確保しやすい環境です。

食料を調達できる環境を作らない事で予防策として高い効果があるので、建物の近くにゴミ捨て場などがある場合はゴミ捨て場を撤去するかフェンスなどでゴミを持ち出せないように対策すると良いです。